« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018キリンカップ 日本 VS キリギス

11月20日 2018キリンカップ 日本 VS キルギス 観戦に豊田スタジアムへ行ってきました。

来年のアジアCUP前、最後の代表戦です。

結果は4対0の快勝で森保ジャパンの無敗継続となりました!

Img_0079_400x267

ゴール北裏サポの皆さん

Img_0099_400x267

両選手入場

Img_0101_400x267

Img_0115_400x267

日本、円陣

Img_0117_400x267

キルギス、円陣

Img_0128_400x267


Img_0181_400x267


Img_0209_400x267


Img_0349_400x267


Img_0446_400x267


Img_0483_400x267


Img_0502_400x267


Img_0513_400x267


Img_0683_400x267


Img_0707_400x267

試合終了、4対0で日本の勝利

Img_0731_400x267

ゴール裏日本サポに挨拶する、日本代表の選手たち



| | コメント (0)

第97回全国高校サッカー選手権大会愛知県決勝 名古屋高校VS東邦高校

2018年11月17日 第97回全国高校サッカー選手権大会愛知県決勝 名古屋高校VS東邦高校 観戦にパロマ瑞穂競技場へ行って来ました。

私の応援する名古屋高校は、過去ベスト8が最高順位でしたが、今年は新たな歴史を刻む戦いとなりました。相手の東邦高校は何度も優勝を経験しているチームです。

試合は前半、硬さが見えた名古屋でありましたが、お互い得点の無いまま、後半へ・・・

後半開始5分に東邦が左から放り込んだボールにヘッドを合わせてゴール!

その後名古屋もボールをつなぎ反撃にでるも、なかなかゴールを割れずにこのままか??と、思いましたがアディショナルタイム2分に右からのボールを蹴りこみゴール!!

・・・そのまま、終了。

延長戦となりましたが、得点のないまま・・・PK戦へ

5人で終わらず、サドンデスとなりましたが、東邦が8対7で勝利をつかみ、全国行のチケットをつかみました。

Img_0030_500x333

両チーム、整列

Img_0035_500x333

両キャプテン握手

Img_0042_500x333

東邦、応援団

Img_0043_500x333

名古屋、応援団

Img_0046_500x333

東邦、円陣

Img_0047_500x333

名古屋、円陣

Img_0059_500x333


Img_0063_500x333


Img_0075_500x333


Img_0080_500x333


Img_0104_500x333


Img_0135_500x333

多くの観戦者がみえました

Img_0146_500x333


Img_0158_500x333


Img_0231_500x333


Img_0419_500x333


名古屋ゴール

Img_0420_500x333


Img_0421_500x333


Img_0436_500x333

80分で勝負がつかず、延長戦へ、名古屋全員で円陣

Img_0437_500x333

東邦、全員で円陣

Img_0446_500x333

Img_0450_500x333


Img_0572_500x333

延長戦でも決まらず、PK戦へ
Img_0577_500x333


Img_0581_500x333

Img_0583_500x333

Img_0592_500x333


Img_0598_500x333


Img_0603_500x333


Img_0609_500x333

Img_0618_500x333


Img_0626_500x333


Img_0633_500x333

Img_0638_500x333_2

敗れて、泣き崩れる名古屋の選手たち

Img_0640_500x333


Img_0647_500x333


Img_0679_500x333

Img_0714_500x333

優勝旗を持つ、東邦の選手たち

Img_0716_500x333

準優勝の盾を受け取る、名古屋の選手たち

Img_0725_500x333
ベストイレブン


両チームの選手・関係者の皆さん、お疲れ様でした。

すばらしい、試合でした。

感動をありがとうございました。

東邦高校の選手・関係者皆さん、愛知県の代表として全国へ挑んでください!

応援しています。

そして、敗れた名古屋高校選手・関係者の皆さん、お疲れ様でした。

特に三年生はこれで引退となると思いますが、大学で、社会人として何らかの

形でサッカーに関わって頂けたら幸いです。











| | コメント (0)

2018年J1リーグ第32節 名古屋グランパス VS 清水エスパルス

11月10日 土曜日 2018年J1リーグ第32節 名古屋グランパス VS 清水エスパルス 観戦にIAIスタジアム日本平へ行ってきました。

J1リーグも残すところ・・・3試合となり、我がグランパスは、J1残留に向けて負けられない試合となりました・・・!?

結果は、前半優位に試合を進めるも、2対0で負けてしまいました。

Img_0008_400x267


IAIスタジアム、アウエイ側から、こんなにきれいな、雪を着た富士山を望めました

Img_0019_400x267

清水サポの皆さん

Img_0029_400x267

ゴール裏、名古屋サポに試合前の挨拶をする名古屋の選手たち

Img_0036_400x267

最高のボルテージで応援する多くの名古屋サポの皆さん

Img_0073_400x267


両選手、整列

Img_0079_400x267

清水、円陣

Img_0081_400x267


名古屋、円陣

Img_0091_400x267

マークされる、シャビエル選手

Img_0159_400x267

Img_0201_400x267


Img_0219_400x267


Img_0236_400x267


Img_0318_400x267

試合終了、0対2で清水の勝利

Img_0322_400x267


ゴール裏名古屋サポの皆さんに、敗戦の報告をする、名古屋の選手たち

Img_0330_400x267

残り、2試合を強調し、最大の応援をお願いする、名古屋のコールリーダーシンゴさん

<今節の試合終了順位>

順位  チーム   勝点    得失点

14   湘南    37     -6     

15   鳥栖    37     -6

16   名古屋   37     -8   

17   柏      33     -12

18   長崎    29     -19

頑張って、欲しい!!!

名古屋





| | コメント (0)

2018年J1リーグ第31節 名古屋グランパス VS ヴィッセル神戸

11月3日 金曜日 2018年J1リーグ第31節 名古屋グランパス VS ヴィッセル神戸 観戦に豊田スタジアムへ行ってきました。

今季もいよいよ、残り5試合となり、我がグランパスを含め、下位チームは、J1に残留する為に一試合、一試合勝ち点をつかむ為に、闘います。

この試合、相手が神戸(ポドルスキー&イニエスタ)と言うこともあり、チケット完売となり、盛り上がりましたが・・・先制された名古屋が、いったんは追いつきましたが、ポドルスキー選手とイニエスタ選手の華麗なテクニックに、終わってみれば1対2の完敗でした。

Img_0008_400x267

最高の応援をする、名古屋サポの皆さん

Img_0012_400x267

遠くからようこそ、神戸サポの皆さん

Img_0046_400x267

名古屋コールリーダーのシンゴさん

Img_0061_400x267

きれいにきまった、コレオ(名古屋)スタジアムが一体となりました。

*私も、ボランティアとして、色紙配布を手伝いました。

Img_0065_400x267

バックスタンドで見つけました。

名古屋サポの願いです。

Img_0067_400x267

両選手、整列

Img_0072_400x267


名古屋円陣

Img_0222_400x267

神戸、円陣

Img_0165_400x267


Img_0130_400x267

イニエスタからのパスを綺麗にきめる、ポドルスキー選手

Img_0135_400x267


Img_0189_400x267

両チーム以外のサポが、この2人のプレィを見にきていたと思います。

なんせ、完売ですから・・・

Img_0332_400x267

Img_0392_400x267

負傷して、テーピングをまいて、頑張るジョー選手

Img_0395_400x267

試合終了、1対2で神戸の勝利

Img_0401_400x267

勝利を喜ぶ、神戸サポと神戸の選手たち

Img_0402_400x267

Img_0428_400x267

ゴール裏名古屋サポに、惨敗の報告をする、名古屋の選手たち。

いよいよ、下位(J1残留争い)との戦いと、なってきました。

残り4試合、頑張ってもらいましょう!

がんばれ、名古屋グランパス!!













| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »